β-カロテン 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

β-カロテン

β-カロテンは、緑黄色野菜、特にニンジンに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。体内では必要量に応じてビタミンAに変換され、ビタミンAとしても効果を発揮します。


β-カロテンの含有量がルテインよりも多い緑黄色野菜は、ニンジンやトマトなどです。ニンジン100グラム当たり7900μgと、3600μgのαーカロテン、260μgのルテインよりも多く含まれているカロテノイドです。



β-カロテンは、その抗酸化作用と、ビタミンAとしても効果を発揮することから、人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保ったり、視力を維持するために必要不可欠な成分です。さらに、膵臓に蓄積されることから、膵臓がんの予防に効果があると考えられています。



1930年に、ニンジン(carrot)の橙色の色素を持つ栄養素として発見されたことからこの名が付けられ、長いことカロテンといえば、β-カロテンのことを指していました。



β-カロテンは、体内で必要量に応じてビタミンAとなることから、プロビタミンA(ビタミンA前駆物質)と呼ばれています。



体内に入ったβ-カロテンは、約3分の1が小腸で吸収され、体内で必要な量のみがビタミンAへと変換されます。



プロビタミンAは、α-カロテンなど約50種類存在しますが、β-カロテンはプロビタミンAの中でもビタミンAとして作用する割合が高い栄養素です。



β-カロテンは、一部はビタミンAに変換されることなく、脂肪組織に蓄えられていますが、主に、膵臓、心臓、骨の中に存在するのが特徴で、β-カロテンとしての効果や効能を示します。



β-カロテンは、強力な抗酸化作用を持っています。抗酸化作用は、カロテノイドに共通する働きで、β-カロテン以外にもルテイン、ゼアキサンチン、リコピンなどが強力な抗酸化作用を持つといわれています。



β-カロテンは、抗酸化作用やビタミンAに変換されることなどから、その健康効果には、夜盲症の予防・改善効果、黄斑変性症を予防する効果、粘膜を健康に保つ効果、美肌効果、体の成長を促進させる効果、ガンを予防および抑制する効果が期待されています。



しかしながら、β-カロテンを錠剤の形で大量に補給しても肺ガンは予防出来ず、喫煙量の多い人はかえって危険性が高まるかもしれないようです。



フィンランドや米国での大規模な臨床試験により、効果の限界や摂り過ぎの危険性が指摘されています。



1993年に出た中国・河南省林県約3万人への臨床試験結果では、β-カロテン15mg・VE30mg・セレン50μgを毎日投与した結果、全ガン13%低下、胃ガン21%低下しています。



ところが、フィンランド男性喫煙者約3万人においては、β-カロテン20mg・VE50mgを毎日投与したところ、肺ガンになる率が18%上昇し、.米国の男性医師約2万2千人においては、β-カロテン50mg・アスピリンを、1日おき投与で、予防効果に効果も害もなく、米国の喫煙者・アスベストを吸った約1万8千人では、肺ガンになる率が28%上昇し、投与を中止しています。



したがって、β-カロテンは、錠剤の形で摂取する場合には、ガン予防効果には適量があると考えられ、サプリメントとして摂取する場合には、食物全体を摂取することが求められています。



厚生労働省が2000年に策定した「健康日本21」では、野菜摂取の目標量を「1日350g以上、そのうち緑黄色野菜を120g以上」としています。また、カロテンは脂溶性のため、油類といっしょに摂取することが推奨されています。


グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド
/ ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール



ホールトマトとダイエット / セロリ

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。