リコピン 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

リコピン

リコピンは、トマトに豊富に含まれているカロテノイドのひとつで、カロテノイドには体内でビタミンAに変化するβ-カロテンなどが知られていますが、リコピンは、変化しません。



トマトの赤いのは、この色素リコピンによるもので、とりわけ「抗酸化作用」が強く、その作用はβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍以上にもなることが分かっています。



カロテノイドは、特定の臓器に蓄積されていることが知られていますが、リコピンは、乳腺、肝臓、膵臓、前立腺に豊富に蓄積されていることから、肝臓ガン、前立腺ガン、乳ガン、膀胱ガン、子宮筋腫などを抑制する作用が期待されています。



リコピンを含む野菜としてはトマトがあります。100グラム当たり3100μg含んでいて、さらに、β-カロテンを520μg、ルテインを100μg含んでいます。



ところで、トマトには、カロテン以外にも「13−oxo− ODA(13‐オキソ‐オーディーエー)」という物質が含まれていて、脂肪の代謝を促進する作用を持ち血液中の脂肪増加を抑える作用をするとされていて、毎食、2〜3個のトマトか、コップ1杯(約200ml)のトマトジュースを飲むことで高いダイエット効果が得られる可能性があるとしています。



また、リコピンは、生のトマトより加工品の方が2〜3倍も吸収率が良いことが明らかにされていて、熱に強く脂溶性であることから油を使った料理でも吸収性は高いとされています。



逆に、リコピンの吸収を阻害する成分として、リンゴやジャムなどに含まれるペクチンや、高脂血症改善薬(コレステロール抑制剤)があります。



グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド
/ ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。