β-クリプトキサンチン 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

β-クリプトキサンチン

β-クリプトキサンチン(β-cryptoxanthin)とは、温州みかんに特異的に多く含まれているだいだい色の色素として知られています。カロテノイドの一種でキサントフィルに分類されます



体内蓄積期間が他のカロテノイドよりも長く、血液によって体の隅々まで届けられます。みかんを食べ過ぎると手が黄色くなるのはこのβ-クリプトキサンチンによるものです。



β-クリプトキサンチンは、手を黄色にするだけでなく、高い抗酸化作用を持つことで、様々な健康効果をもたらすことが確認されています。それは、骨粗しょう症を予防する効果、糖尿病の進行を抑制する効果、免疫力を高める効果、美肌効果などです。



β-クリプトキサンチンは柑橘系の果物に含まれていて、特に皮に多く含まれていますが、含む食品としては、温州みかん、でこぽん、ぽんかん、パパイヤなどがあります。温州みかんが特に含有量が多く、1個(約100g)につき1〜2mg程度含まれ、完熟させるほど含有量が多くなるといわれています。



β-クリプトキサンチンは、体内蓄積期間が長く、血液によって体の隅々まで届くことで、体内のいろんな臓器に蓄積されやすく、1日に4個以上食べていた人の場合、ミカンの季節でない9月でも、β-クリプトキサンチンの血中濃度が高いまま維持されていたという報告があります。



河田照雄・京都大学大学院農学研究科教授らによるとβ-クリプトキサンチンには、脂肪細胞が大きくなるのを抑える作用と、脂肪の合成を抑える作用があることが報告されています。



また、体内に蓄積されたβ-クリプトキサンチンの量は、喫煙や飲酒、肥満などによって減少するという報告があります。これらは体内で活性酸素を生み出します。その活性酸素に対抗するため、β-クリプトキサンチンが利用されていると考えられます。



がんの抑制効果は、β-カロテンの約5倍あるとされ、がん予防には、β-クリプトキサンチン1mg程度、温州みかん1個を毎日摂取することが効果があるといわれています。



グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド
/ ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。