カロテノイド 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

カロテノイド

カロテノイド(carotenoid) は天然に存在する色素で、カロチノイドともいいます。自然界には600種類ものカロテノイドが存在するとされ、そのうちの40〜50種類が食物に含まれているといわれています。



カロテノイドを大きく分けると、酸素を含まない炭素と水素のみでできているカロテン、それ以外の酸素を含むキサントフィルに分けることができます。



カロテンには、α-カロテン、β-カロテン、リコピンが、キサントフィルには、ルテイン、ゼアキサンチン、β-クリプトキサンチンなどがあります。



カロテノイドのカロテンやキサントフィルは、抗酸化作用が大きく、植物では酸素が多く発生する場所に多く存在しています。脂溶性であるため、脂肪とともに摂取すると効率よく吸収できます。



ヒトは、カロテノイドを体内で合成することはできませんが、カロテノイドを摂取することで、その抗酸化作用を利用することが可能となります。



一般的に緑色の野菜には、ルテイン、α-カロテン、β-カロテン、などが多く含まれています。具体的には、インゲン豆、ブロッコリー、芽キャベツ、ケール、グリーンピース、ホウレンソウ、メロン、などがあります。



黄色から赤色の野菜では、酸素を含まない炭素と水素のみでできているカロテン全般を豊富に含んでいて、黄色野菜では、カボチャやサツマイモ、ニンジンなどがあります。



赤色野菜では、リコピン、ζ-カロテン、フィトフルエン、フィトエンなどを豊富に含んでいて、ほかにノイロスポレン、γ-カロテン、β-カロテン、ルテインなども含まれていて、トマト、スイカ、などがあります。



黄色〜橙色の野菜では、α-クリプトキサンチン、β-クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチンなどを豊富に含んでいて、温州みかん、パパイア、マンゴー、桃、プルーン、オレンジ、カボチャ、などがあります。



カロテノイドは、脂溶性で、熱に強く加熱しても組成が安定していることから、緑黄色野菜を加熱調理してもカロテノイドの効果を得ることができます。



また、カロテノイドは、ヒトの特定の臓器に決まった種類のものが蓄積されていることが知られています。



ルテインは、眼の水晶体、網膜、子宮頚部や大腸、ゼアキサンチンは、眼の水晶体、網膜、子宮頚部や皮膚に存在しています。



β-カロテンは、主に、膵臓、心臓、骨の中に、α-カロテンは、肺や皮膚に豊富に存在し、リコピンは、乳腺、肝臓、膵臓、前立腺に豊富に蓄積されています。



カロテノイドは、種類ごとに様々な臓器に重複するなどしながら偏在しています。そして、存在する臓器で抗酸化作用を発揮しています。



したがって、緑黄色野菜を摂るときはもちろん、カロテノイドのサプリメントを摂るときも、複数のカロテノイドをバランスよく摂ることが求められます。



マルチカロテン 最新一覧 By 楽天


グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / カロテノイド / ポリフェノール

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。