ポリフェノール 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

ポリフェノール

野菜などが含む、健康やダイエットに効果がある成分として、ポリフェノールがあります。ポリフェノール (polyphenol) とは、野菜だけでなく、ほとんどの植物に含まれていることから、その数は5,000種以上といわれています。



ポリフェノールは、カロテノイドなどとともにフィトケミカル(英: phytochemical)のひとつです。食物繊維や5大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)に次ぐ栄養素として、研究が行われているところです。



カロテノイドは、抗酸化作用を持つ脂溶性の色素成分として知られていますが、ポリフェノールは、水溶性が多いようです。



また、ポリフェノールは、光合成によってできる植物の色素や苦味の成分であり、色素成分だけのカロテノイドとは異なるところで、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きや抗酸化作用などを持ちます。



ポリフェノールは、植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分で、虫や小動物などによる攻撃や、光合成の過程で、紫外線により生じる活性酸素から、植物自身が自らを守るための生体防御物質で、ヒトが摂取すると健康効果を得ることができます。



ポリフェノールは、動物の体内では生成することができない、植物特有の生体成分で、フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなどを含みます。



これらは、私たち人間のカラダの中でも、抗酸化作用を発揮するなど様々な健康効果をもたらすことが確認されています。



ポリフェノールは、脂溶性のカロテノイドのように体内に蓄積することがない水溶性であることから、その働きが期待できるのは、摂取後2〜3時間程度であるといわれています。ですから、野菜や果物、飲み物で、こまめに摂ることが求められます。



ポリフェノールはフラボノイド系とフェノール酸系に分類されます。フラボノイドは色素を持つポリフェノールです。そのフラボノイドの語源が、ラテン語の黄色を意味するflavusにと接尾語のoid(〜のような)であるように、フラボノイドの多くは、黄色やクリーム色の色素ですが、アントシアニンの紫色もあります



フラボノイドは、ポリフェノールの約90%を占めるといわれるほど、多くの種類を持ち、ケルセチン(玉ねぎなど)、アントシアニン(ブルーベリーなど)、カテキン(赤ワイン、茶、リンゴなど)、フラバン(茶など)、イソフラボン(大豆、葛粉など)、タンニン(茶、赤ワイン、柿、バナナなど)、ルチン(ソバなど)、などが知られています。



これら、フラボノイドは、活性酸素のフリーラジカルと直接反応することによって、抗酸化作用、抗炎症作用を持ち、脂質の酸化、つまり体が錆び老化するのを抑制することにもつながります。




フラボノイドには、フラボン、イソフラボン、フラボノール、フラバノン、フラバン-3-オール、アントシアニジンなどに分けられます。



フラボン は、アピゲニンルテオリン、タンゲリチン、ジオスミン、フラボキサートなどを含みます。



イソフラボン は、クメステロール、ダイゼイン、ダイジン、ゲニステインなどを含みます。



フラボノール は、ケンフェロールミリセチンケルセチンなどを含みます。



フラバノン は、エリオジクチオール、ヘスペレチン、ホモエリオジクチオール、ナリンゲニンなどを含みます。



フラバン-3-オール は、カテキン、エピカテキン、エピガロカテキンなどを含みます。



アントシアニジン は、シアニジン、デルフィニジン、マルビジン、ペラルゴニジン、ペオニジンなどを含みます。



ポリフェノールのもう一種類のフェノール酸は、フラボノイドが色素からできているのに対し、色素以外でできた成分です。その種類はリグナン、ジケトン類、エラグ酸、クロロゲン酸、クマリンなどがあります。



ポリフェノール 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド / ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール / アピゲニン / ルテオリン / ケンフェロール / ミリセチン / ケルセチン
e

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。