アピゲニン 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

アピゲニン

アピゲニン(Apigenin)は、ポリフェノールの一種でフラボノイド系のフラボンに属し黄色で水溶性の成分です。パセリ、タイム、ペパーミント、カモミールなどに豊富に含まれます。



アピゲニンは、強い抗酸化作用があり、抗炎症作用、抗がん作用、抗腫瘍形成作用、抗アレルギー作用、沈静や高血圧抑制効果があります。知られている副作用はありません。



アピゲニンは、イライラや不安を取り除き、緊張を和らげ、リラックス効果が得られる、抗ストレス作用があることから、高用量では抗不安薬や精神安定剤としての効果も期待されています。



また、脳の酸素が欠乏することで起こる分裂促進因子活性化キナーゼ経路を食い止める作用があることから、脳の細胞の減少を遅らせ、脳を老化から守るとされ、アルツハイマー病などの認知症の予防効果があるとされています。



アピゲニンは、黄色の色素を持つことで、ウールなどを染める染料としても使われているなど身近な成分でもあります。



強い抗酸化作用があることから、肌などの抗老化、美容効果が期待されています。水溶性の物質であるために体に吸収されやすいことから短時間で効果を得ることができますが、反面体外に排出されるのも早く、効果が長続きすることはないといえます。



アピゲニンがガン細胞に作用します。大腸ガンや卵巣ガン、膵臓ガンにおいて、効果があるとの報告があります。




アピゲニンが含まれる食品としては、パセリ、セロリ、シソ、小松菜、ホウレンソウ、カモミール、グレープフルーツ、たまねぎ、オレンジ、タラゴン、香菜(シラントロ)、バジルなどがあります。



アピゲニン 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド / ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール / アピゲニン / ルテオリン / ケンフェロール / ミリセチン / ケルセチン


スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。