ルテオリン 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

ルテオリン

ルテオリン(luteolin)は、ポリフェノールの一種でフラボノイド系のフラボン類に分類される黄色の成分です。



フラボノイドの中では最も強い抗アレルギー・抗炎症作用を持つといわれ、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の緩和に効果があるとされています。



アレルギー症状を引き起こすものには、ヒスタミンとともにロイコトリエンが知られています。ロイコトリエンは、体内でリノール酸がアラキドン酸に変換され、酵素のリポキシゲナーゼの触媒作用により生成されるものです。



ルテオリンは、ロイコトリエンを作り出す際に必要な酵素の働きを阻害する作用があると考えられています。



また、ルテオリンは、抗酸化作用、免疫機能の正常化作用、発ガン抑制・抗ガン作用、生活習慣病予防、動脈硬化予防、さらに肝臓での解毒作用を促進させることでシミやソバカスの予防・解消への効果も期待されています。



ルテオリンを含む食品には、2003年に米国で作成されたデータベースでは、セロリやパセリが挙げられていますが、日本で作成されたデータベースでは、焼きししとうが20.88mg/100gと多く、次いでパセリ8.18mg/100g、ピーマン4.07mg/100g、せん茶2.35mg/100gの名前が挙げられています。



また、別のデータベースでは、エゴマ、しそ、春菊、ミント、ローズマリー、リンゴ、カモミールなどの名前も挙げられています。



それによると、エゴマの含有量が特に多いとされ、シソの葉と比較すると、ルテオリンの含有量は100倍に達するとも言われています。また、葉だけでなく、特に実にも多く含まれていて、エゴマから抽出された油にも豊富に含まれています。



ルテオリンは熱に強く、生だけでなく加熱調理にも向きます。セリ、セロリ、レタス、春菊、ピーマンなどの野菜のルテリオンは糖分と化合した配糖体です。この配糖体のルテリオンは肝臓で水溶性の形になります。



エゴマやシソのルテオリンは、糖分と化合していないアグリコンのため吸収が良く高い効果が得られると考えられています。



さらに、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取することで、脂質の酸化抑制効果が相乗的に大きくなると考えられます。



ルテオリン 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド / ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール / アピゲニン / ルテオリン / ケンフェロール / ミリセチン / ケルセチン

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。