ケルセチン 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

ケルセチン

ケルセチンとは、ポリフェノールの一種フラボノイド系のフラボノールに分類される黄色の成分です。このケルセチン(英: quercetin)は玉ねぎの外皮に最も多く含まれるほか、柑橘類やリンゴ、緑茶、ほうれん草、ケール、パセリ、ブロッコリー、モロヘイヤ、クランベリーなどにも多く含まれています。



ケルセチンは、強い抗炎症作用があり、花粉症の炎症を引き起こすヒスタミンの生成や遊離など炎症に関与するいくつかの過程を抑制する効果があるとされ、花粉症の症状緩和に効果があるとされています。



さらに、ビタミンCの吸収を助ける作用、脂肪吸収の抑制作用、強い抗酸化作用、抗ガン作用、血流を改善する効果、コレステロール値を下げる効果、動脈硬化を予防する効果、関節痛の症状をやわらげる効果、骨粗鬆症予防効果などがあるなど、生活習慣病の予防と改善などに期待がもたれている成分でもあります。



ケルセチンの含有量が極めて高いのがタマネギで、特にタマネギの皮には多く含まれていて、なんと100gあたり28〜50mg程度も含まれています。



タマネギのほかには、ケールが20mg程度、モロヘイヤ15mg程度、ホウレンソウ8mg程度、紅茶も8mg程度、ケッパー180 mg、リンゴ4.4 mg、チャノキ200-250 mg、ブドウ、ブロッコリー、ラズベリー、コケモモ(栽培種7.4 mg、野生種14.6 mg)、クランベリー(栽培種8.3 mg、野生種12.1 mg)、オプンティア、その他、葉菜類、柑橘類などに含まれているようです。



ケルセチン 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー 最新一覧 By 楽天



グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド / ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール / アピゲニン / ルテオリン / ケンフェロール / ミリセチン / ケルセチン

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。