野菜スープダイエットスケジュールはNO!だけどスープはグー!! 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

野菜スープダイエットスケジュールはNO!だけどスープはグー!!

野菜スープダイエットの、スープはおすすめ!!

巷で流布されている野菜スープダイエットはやってはいけないダイエットです。しかし、野菜スープそのものは、実は、超お勧めです。野菜は肥満の方はもちろんのこと健康の為にはぜひ摂らなければいけないものですが、スープにすると無理なく摂取できるので、お勧めなんです。


そして、このスープダイエットに使われている具材は、例えば、メタボリックシンドロームダイエットに非常に効果的な具材なんです。


野菜スープのメインのキャベツですが、トンカツなんかには付き物ですが、生で食べるよりも煮たほうが、血管を酸化させることで、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞脳梗塞の危険を生み出す活性酸素を除去する力が5倍もあるんです。


またキャベツのSメチルLシステインスルフォキサイドはコレステロールを下げる働きがあるんです。玉ねぎの主な成分は、硫化アリルとケルセチンです。硫化アリルはたまねぎの辛みと独特の刺激のあるにおいの元になっている成分で、玉ねぎをむく時に涙が出るのは、この成分のしわざです。


硫化アリルが肉や魚の臭みを和らげたり、消化液の分泌を助けて食欲を増進させる作用をはじめ、血液凝固を遅らせる働きがあるので、血液さらさらにするだけでなく血液中の脂質を減らす働きもあるため硫化アリルはメタボリックシンドロームの要因である糖尿病高血圧動脈硬化等の予防に有効だとされています。


さらに「サイクロアリイン」という成分が血栓を予防したり溶かしたりする作用があるため、血液をサラサラにして動脈硬化を予防する効果があることが報告されています。これらが血液の凝固を抑えて、メタボリックシンドロームで気になる動脈硬化や血栓を予防して、血液をサラサラにしてくれます。ケルセチンは、強い抗酸化作用をもっていて、動脈硬化予防に非常に有効です。



セロリは、血圧改善効果のあるカリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富です。
トマトは、抗酸化作用の高いリコピンが豊富です。血液をサラサラにしてくれます。
ピーマンには、抗酸化作用の高いビタミンCが含まれていますがこのビタミンCは、加熱しても壊れないのが特長です。


人参は、活性酸素を消去する働きのあるカロチンが豊富です。

以上ですが、なかなかよく出来た野菜スープなんです。

体調を整えるのはもちろん内臓脂肪ダイエットにはもってこいの野菜スープだと思います。通常の食事で、炭水化物を減らしてこの野菜スープを摂るだけで、ダイエット効果は充分にあると思われます。

メタボリックシンドロームの方はもちろん、健康の気になる方には、おすすめの野菜スープです。



7日間野菜スープダイエットスケジュール / 野菜スープダイエットスケジュールはNO!だけどスープはグー!! / 野菜スープダイエットのスープレシピ / 野菜スープの効能




グリーンスムージー / 食物酵素 / カロテノイド / ルテイン / β-カロテン / α-カロテン / リコピン / ゼアキサンチン / β-クリプトキサンチン / ポリフェノール / アピゲニン / ルテオリン / ケンフェロール / ミリセチン / ケルセチン

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。