ゴーヤー 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

ゴーヤー

ゴーヤーは、ダイエット効果のある野菜のひとつとされています。ゴーヤーの種子に多く含まれる共役リノレン酸は、体内で共役リノール酸に変わります。脂肪を分解する酵素・リパーゼの働きを活性化することで、高脂血症の改善やダイエット効果が期待できるとされています。



ゴーヤーには、いろいろな種類がありますが、沖縄で一般的に栽培され、青汁の原料としても使用されているのはナガレイシという種類のゴーヤーです。



ナガレイシには疲労回復効果や、免疫力を向上し、美容効果が高いビタミンCがキャベツの約2倍も含まれているほか、カロテンやビタミンB1、カリウム、マグネシウム、鉄分、リン、食物繊維など健康効果の高い成分を豊富に含みます。



ゴーヤーには独特の苦味があります。その苦味は、モモルディシン(momordicin)とチャランチン(charantin)、コロソリン酸(Corosolic Acid)という成分で、血糖値を下げる効果があるとされています。



モモルディシンは、抗酸化作用をもつサポニンの一種で食物繊維です。コレステロールや老廃物を排出し、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病、がん予防に効果があるとされ、胆汁酸の分泌や産生を促して、コレステロール値を低下させる働きが期待されています。



また、モモルディシンは、消化酵素によって分解されない成分のため、食物繊維として働き、腸内の善玉菌の増殖を促進し、便の量を増やし、腸内環境を整えます。



チャランチンは、脂溶性の物質で、血糖値の高いヒトがゴーヤーを摂取するとチャランチンが膵臓のβ細胞に働きかけることでインスリンの分泌を促し、血糖値を下げるように作用します。



また、血糖値が下がった場合、チャランチンは、α 細胞からグルカゴンを分泌させることで血糖値を上昇させ、血糖値を安定させます。モモルディシンと同様に食欲増進や整腸作用が期待されています。

ゴーヤー 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。