エノキタケ 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

エノキタケ

エノキタケ(えのき茸)を食べるだけでダイエット効果があるといわれています。エノキタケの国内生産量は、シイタケ、ブナシメジを抜き、キノコの中で第1位を誇ります。



エノキタケ(榎茸、学名:Flammulina velutipes(Curt.:Fr.)Sing.)はキシメジ科のキノコの一種です。古くから食用とされ、エノキダケ、ナメタケ、ナメススキ、ユキノシタとも呼ばれています。



市販のエノキタケは、人工栽培されたもので天然のエノキタケとは姿が異なります。天然のエノキタケは茶色い傘を持ちますが、人工栽培のエノキタケは傘が開かない様に柄だけを成長させたものです。



この生産方法によって、エノキタケは、雑味が少なく栄養豊富なキノコとなっているといえます。



エノキタケには、キノコキトサンが含まれています。このキノコキトサンが腸内で脂肪を分解する酵素の働きを阻害することで脂肪の吸収を抑制し、余分な脂肪を便として排出する効果があるとされています。



さらに、キノコキトサンに含まれるβ−グルカンには、脂肪の燃焼促進効果があります。これらの働きにより、エノキタケを摂ることでダイエット効果だけでなく、血液中のLDLコレステロール値や中性脂肪値を下げることが出来るようです。



エノキタケ内では、キノコキトサンなどの栄養素やうまみ成分は、細胞壁に守られて存在しています。ですから、細かく粉砕するなどして、この細胞壁を壊すことで従来の料理法の12倍もキノコキトサンを取り込みやすくなり、うまみも13倍にすることが出来るといわれています。



細胞壁を壊したエノキタケ50gを毎日摂るだけで食事制限することなくダイエット効果があるとの報告が上げられています。



エノキタケの細胞を壊す方法としては、ミキサーで粉砕したり、凍らせたり、天日干しにする方法などがあります。



えのき氷は、その結果考案されたもので、商品化されてもいます。つくり方は、先ず、エノキタケ300gの石づき部分を切り落とし3等分に切ったものと水400mlをミキサーに入れて30秒ほど粉砕します。これを鍋に入れて強火で1分〜2分加熱したあと、弱火にし30分〜1時間ほど焦げないようにかきまぜながら加熱するとできあがりです。



これを粗熱をとり、製氷皿にいれ、冷凍し、保存するといつでも必要な分、使用することが出来ます。



干しエノキタケの場合には、2日間天日で干す方法と、6時間干して、電子レンジで1分ほど加熱する方法があります。



単純に冷凍するときは、あらかじめ食べる大きさに切るなどしてから冷凍することをおススメします。そして、調理のときは、解凍せず、凍ったままで加熱調理します。



また、エノキタケに含まれるEA6という糖タンパクは、ガンの増殖を抑制する作用があるとされています。そして、エノキタケの栽培が盛んな長野県で、昭和47年から15年間にわたってガンの死亡率を調べたところ、エノキタケを日常よく食べる栽培農家のガンの死亡率は、長野県全体に比べて40%近く低いという報告があります。



岡山大学医学部の研究では、エノキタケの抽出液には、ビタミンCが豊富なレモン汁の約10倍の抗酸化作用があるとされています。つまり、動脈硬化、心臓病、糖尿病といった生活習慣病の予防にも効果があるといえそうです。

えのき氷 最新一覧 By 楽天



エノキタケ / 舞茸ダイエット / コーヒーダイエット / キャベツダイエット / 寒天とダイエット / 酵素ダイエット / ガセリ菌SP株とダイエット / クルミでダイエット / コレウスフォルスコリとダイエット / サラシア茶とダイエット / 塩ヨーグルトダイエット / 糖質オフダイエット / タウリンダイエット

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。