コレウスフォルスコリとダイエット 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

コレウスフォルスコリとダイエット

コレウスフォルスコリのエキスがダイエットに効果があると人気です。コレウス・フォルスコリ(Coleus forskohlii)とはインドやネパールに自生するシソ科の植物でインドの伝統医学・アーユルヴェーダにおいて用いられてきたハーブのひとつです。



コレウスフォルスコリは、古来、インド及びその周辺各国において、強壮等の目的で食用にされ、主にその根の部分をピクルスにして、現在も食料品店で日常的に店頭で販売されています。



1968年にコレウスフォルスコリより単離された、ジテルペン化合物フォルスコリンは、その特徴的な生理活性によりその後多くの生化学、薬理学分野での研究がなされ、多くの論文が、報告されています。



肥満には、食べすぎ型、運動不足型、代謝低下型、自律神経型などがあるといわれていますが、β3アドレナリン受容体の変異も原因のひとつといわれています。



β3アドレナリン受容体の遺伝子に変異のある人はそうでない人に比べて基礎代謝量が1日あたり約200kcal少ないといわれていて、変異のある人は、白人で10〜20%、日本人で20〜30%の割合で存在すると言われています。



β3アドレナリン受容体は、おもに白色脂肪組織と褐色脂肪組織の細胞表面に存在して、副腎髄質より分泌され、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある、ホルモンのアドレナリン(adrenaline)により、細胞を活性化して細胞内の脂肪を分解する信号を受ける働きがあります。



しかし、β3アドレナリン受容体に変異があるとアドレナリンの刺激を受けることができなくなってしまいます。



それだけでなく、脳の満腹中枢から出る刺激も受け取れなくなり、褐色脂肪組織にも、満腹中枢からの刺激が伝わらないために、エネルギーがうまく消費されず肥満につながると考えられています。



また、白色脂肪組織では皮下脂肪には少なく、主に内臓脂肪に存在していて、中性脂肪を遊離脂肪酸に変えて、エネルギーを消費しやすくする役目があります。そのため、β3アドレナリン受容体に異変があると、内臓脂肪がたまりやすく、生活習慣病を招きやすくなってしまいます。



コレウスフォルスコリのエキスを摂取すると、アドレナリンの細胞を活性化して細胞内の脂肪を分解する信号が、変異を起こしたβ3アドレナリン受容体をバイパスして、直接脂肪細胞に届くことで脂肪を燃焼する効果があると考えられています。



この働きより、代謝がアップし筋肉量はそのままで体脂肪だけの減少が期待できます。筋肉量は減少しないので、リバウンドがしにくく痩せにくい体質から痩せやすい体質へと改善してくれる効果が期待できます。



また、コレウスフォルスコリのエキスには、でんぷんの消化酵素であるαアミラーゼ、麦芽糖の消化酵素であるαグルコシダーゼ、さらに脂肪の分解酵素であるリパーゼをも阻害する作用が確認されたとの報告もあります。



コレウスフォルスコリのエキスは、このため、高いダイエット効果が期待できるといわれています。

コレウスフォルスコリのエキス 最新一覧 By 楽天



コーヒーダイエット / キャベツダイエット / 寒天とダイエット / 舞茸ダイエット / 酵素ダイエット / ガセリ菌SP株とダイエット / クルミでダイエット / コレウスフォルスコリとダイエット / サラシア茶とダイエット / 塩ヨーグルトダイエット / 糖質オフダイエット / タウリンダイエット

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。