やせるホルモン「GLP-1」 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

やせるホルモン「GLP-1」

GLP-1とは、グルカゴン様ペプチド-1 (Glucagon-like peptide-1) の略です。消化管に入った炭水化物を認識して消化管粘膜上皮から分泌される消化管ホルモンです。



誰もが分泌しているホルモンで、食後に分泌量が増えますが、やせている人は、分泌量が多いことから、分泌量の多い人は、食事制限や運動をしなくても太りにくい体質であるといわれています。



GLP-1は脳の満腹中枢を刺激し、必要以上の食べ過ぎを抑える効果があります。そして、胃に作用し、食べ物をゆっくり腸に押し出します。それによって腸からの糖の吸収を抑える効果があり、血糖値が上がりにくくなります。



さらに、GLP-1はすい臓に働きかける効果があり、インスリンの分泌を促します。GLP-1は、グルカゴン様ペプチド-1、つまり、グルカゴンのような働きをするペプチドを意味します。



グルカゴンは、ペプチドホルモンの一つで、肝臓に作用しグリコーゲンを分解して血液中の糖分(ブドウ糖)を上昇させたり、アミノ酸からの糖新生や脂肪組織における脂肪分解を促進する作用が知られています。



インスリンは、肥満の原因である体脂肪の増加に、グルカゴンは、脂肪細胞に蓄えられた体脂肪の減少に関わっているホルモンです。



インスリンは、血液中にブドウ糖が多くなると、余分なブドウ糖を血中から除くように全身の細胞へ指令するために分泌されます。この指令によって、まず肝臓細胞がブドウ糖をグリコーゲンに変えて蓄えます。次に筋肉細胞がブドウ糖をグリコーゲンに変え、自ら使用するエネルギー源として蓄えます。



さらに、余分なブドウ糖は脂肪細胞が脂肪に変えて溜めこむことで血糖値を下げますが、いつも過大に血糖値を上げ続けると、体脂肪は際限なく増加して肥満につながります。



グルカゴンは血糖値が下がりすぎると分泌されます。それによって、肝臓細胞はグリコーゲンをブドウ糖に変えて血中に放出して血糖値を回復させます。さらに、脂肪細胞は蓄えていた脂肪を血中に放出します。この脂肪は他の細胞がエネルギーとして消費しダイエットにつながります。



したがって、グルカゴンの分泌は、脂肪細胞からの脂肪の血中への放出を促すことでダイエット効果を期待できるといえます。



GLP-1は、グルカゴン様ペプチドであり、「食物繊維」と「EPA」の摂取によって、食後の分泌量を増やすことができます。



EPA 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。