ピーマン 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

ピーマン

ダイエット野菜スープにはピーマンが使われています。ピーマンは、唐辛子を品種改良し、食べやすくしたものです。緑色のピーマンは未熟なうちに収穫したもので、完熟すると赤色のほか黄色、橙色になります。熱帯アメリカの原産で、日本には16世紀ごろに伝わりましたが、広く一般に定着したのは第二次世界大戦後の1950年代以降です。



ピーマンは、ビタミンC、カロテン、そして、ビタミンPを含んでいます。ピーマン100g中のビタミンC含有量は約80mgです。中ぐらいの大きさのピーマン4個で、1日に必要なビタミンCが摂れるといわれています。しかも、フラボノイドがビタミンCの熱による破壊を軽減していると考えられているため、加熱調理してもビタミンCの損失が少なく、レモンよりも遥かに多くのビタミンCの摂取が可能といえます。



ピーマンの緑色の色素は、葉緑素で、別名クロロフィルとも呼ばれます。葉緑素は人間の血液の色素であるヘムと化学構造がほとんど同じであることが知られています。



葉緑素の効能としては、健胃健腸作用がありますが、そのほかにも脱臭作用や殺菌効果、さらには体の免疫力を強くするインターフェロンを増やす作用があり、皮膚疾患、火傷の回復促進作用など多くの働きをすることが知られています。



ピーマンが含む葉緑素は他にも大切な働きをします。それは、デトックスとしての働きです。ピーマンは、体の中を通過する際に、コレステロールや有害な物質を体外にデトックスしてくれます。中でもダイオキシンをデトックスする効果が高いことが報告されています。ピーマンは、ダイエットには重要な具材なんです。



ちなみに、ピーマン100グラム当たりには、α-カロテン 6 μg、β-カロテン 400 μg、β-クリプトキサンチン 3 μg、ルテオリン4.07mg、カリウム190mg、ビタミンC80mg、含まれているとされています。



ピーマン 最新一覧 By 楽天

野菜スープ 最新一覧 By 楽天



7日間野菜スープダイエットスケジュール / 野菜スープダイエットスケジュールはNO!だけどスープはグー!! / 野菜スープダイエットのスープレシピ / 野菜スープの効能 / キャベツ / キャベツとビタミンC / セロリ / チキンスープ / ホールトマトとダイエット / ピーマン / 玉ねぎとセルライト / 玉ねぎとケルセチン / β-カロテン / α-カロテン / β-クリプトキサンチン / ルテオリン

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。