寒天とダイエット 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

寒天とダイエット

寒天は食物繊維が豊富なことからダイエットのための食材として広く利用されています。食物繊維には水に溶けるものと溶けにくいものがありますが、寒天の場合には、水溶性食物繊維としてはアガロペクチン。難溶性食物繊維としてはアガロースがあります。



寒天のこれら食物繊維は、胃袋を満たす満足感を与えるなどはしても、体内で消化吸収されることなくそのほとんどが体外に排出されます。カロリー0といわれる所以です。



したがって、寒天を大量に食事に使用することで楽にダイエットができると思えるんですが、ここに落とし穴があるようです。



ヒトのからだは、脳が最も大切な臓器といえます。脳以外は移植などの治療が可能であり、脳死が問題になっていることからもうなずけることといえます。



そして、ダイエットに問題なのは、脳に必要な糖質が充分に供給されないことが数ヶ月続くと、脳の活動を守るために、ヒトの意思にかかわらず、脳が勝手に体全体を省エネモードにしてしまうことです。



省エネモードになると、交感神経の機能が低下します。交感神経は体を活発に活動させる神経なので、その結果、「冷え性」「低体温」「体のだるさ」「低血圧」といった状態を招きます。



身体が省エネモードになると、食べた脂肪を燃やすよりも蓄えて、蓄えられた脂肪もあまり使わなくなります。つまり、痩せにくい体になってしまうんです。ダイエット後にリバウンドが起こるのはこれが原因のひとつといえます。



したがって、ダイエットのために寒天ばかり食べて、必要な糖質を摂らずにいると脳が省エネモードにしてしまうため、ダイエットできにくいからだになってしまいます。



脳の必要とされるカロリーは、大人の場合、最大でも、345〜370.5kcal程度といわれていて、脳のエネルギー源は糖質ですから、糖質に換算すると、糖質の1gあたりの発生カロリーが4Kcalといわれていますから、86.25〜92.625程度の糖質が必要といえそうです。



糖質の必要量は、具体的には、1食あたり、ごはんでは、子供茶碗1杯分、パンでは、8枚切り1枚、ゆでめんでは、半玉、イモは、卵大、果物は、半分程度といえます。



寒天の良いところは、ごはんと一緒に摂るとその食物繊維によって血糖値は、ゆっくり上がりますが、下がるのもゆっくりなので同じカロリーを糖分だけで摂るよりも脳の満足度が違うことでダイエットに効果があるといえることです。



寒天を上手に利用してダイエットをしたいところです。

寒天 含有サプリ 最新一覧 By 楽天


コーヒーダイエット / キャベツダイエット / 寒天とダイエット / 舞茸ダイエット / 酵素ダイエット / ガセリ菌SP株とダイエット / クルミでダイエット / コレウスフォルスコリとダイエット / サラシア茶とダイエット / 塩ヨーグルトダイエット / 糖質オフダイエット / タウリンダイエット

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。