さんざし 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

さんざし

さんざしにはダイエット効果があるようです。サンザシ(山査子、学名:Crataegus cuneata)とは、バラ科サンザシ属の落葉低木で、姫リンゴのような果実をつけます。中国原産で、日本には薬用として江戸時代に朝鮮半島から入ってきたのがはじめとされています。



サンザシの果実成分には、クロロゲン酸などが含まれています。さんざしを摂取して運動すると運動時のエネルギー源としての脂肪の燃焼が促進され、その結果、持久運動能力が向上すると共に体内脂肪の減少が促進されてダイエット効果があるとされています。



サンザシ(Crataegus cuneate Sieb. Et Zucc.)には、ほかにも、オオミサンザシ(キレバサンザシ、チャイニーズホーソーン[英]Chinese hawthorn [学名]Crataegus pinnatifida Bge.) 、セイヨウサンザシ(Crataegus laevigata)などがあります。



サンザシや近縁のオオミサンザシの果実の干したものは、生薬名で山査子(さんざし)といい、中国漢方では古くから消化不良や下痢などの消化器系の症状および条虫の駆除によく用いられていて、近年、血中コレステロールを低下させる作用があるとして、健康食品の素材として注目されています。加味平胃散(かみへいいさん)、啓脾湯(けいひとう)などの漢方方剤に使われてもいます。



セイヨウサンザシは特にヨーロッパにおいて心悸亢進、心筋衰弱などの心臓病に使われます。冠状動脈の循環を改善して狭心症を防ぎ、血圧を正常化するといわれています。循環器系機能を改善するといわれていて、葉と花の抽出物はドイツのコミッションE(薬用植物の評価委員会)でも承認されたハーブです。しかし、果実については、有効性に関する信頼できるデータは乏しいようです。



サンザシの成分として、アミグダリン、オレアノール酸、ケルセチン、クロロゲン酸、カフェー酸、カロチン、ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンCなどが含まれていて、サンザシの作用には、健胃、整腸、血管拡張、血圧降下、強心、抗菌作用があるとされています。



サンザシの効能には、消化不良、胃カタル、腸カタル、慢性の下痢、細菌性下痢などの胃腸の病気、便秘、狭心症、老人性心臓衰弱、軽度の高血圧、心筋症や二日酔いによいといわれています。しかしながら、さんざしの種類や、使用部位よって成分や効能は微妙に異なるようです。

さんざし 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。