緑茶 野菜スープダイエット.com

Google

スポンサードリンク

深蒸し茶

緑茶がダイエットに効果があるようです。緑茶の中でも深蒸し茶と呼ばれるお茶が最も効果を期待できるようです。



深蒸し茶とは茶葉を蒸す時間を長時間行う緑茶の製法を用いたお茶のことをいいます。お茶の葉は、栽培時に日光を浴びると渋み成分であるカテキンが生成されます。日光をふんだんに浴びて育てられたお茶の葉は、カテキンが豊富であることで渋みの強いお茶となります。そのカテキンの渋みを和らげるために考案された製法が深蒸しです。



深蒸し茶は、生茶葉から煎茶を造る最初の工程である「蒸し」の時間を、1分から3分程度と通常の10秒から1分程度までよりも長時間蒸すことで茶葉の細胞組織を破壊することで、渋み成分カテキンと、細胞の断片が吸着しあい、様々な成分が浸出しやすくなることで、渋みを感じにくく、コクのあるまろやかな味わいのお茶になります。



深蒸し茶には、したがって、カテキンが豊富に含まれています。カテキンは、タンニンのひとつで、タンニンはいろいろな植物にも存在することから、茶葉固有の渋み成分をカテキンと呼んでいます。



深蒸し茶に豊富に含まれるカテキンがダイエットに効果があるようなんです。高濃度の茶カテキンを摂取することにより、肝臓での脂質代謝が活発になり、結果として脂質の燃焼によるエネルギー消費の増加が起こることでダイエット効果が生じるとされています。



カテキン類とは、茶葉に含まれているフラボン骨格を有するポリフェノールのことで 8種類あります。具体的には、 主要カテキン類であるエピガロカテキンガレート(epigallocatechin gallate、EGCg)、エピガロカテキン (epigallocatechin、EGC)、エピカテキンガレート (epicatechin gallate、ECg)、エピカテキン (epicatechin、EC)の4種類。



微量カテキン類であるカテキン、ガロカテキン、カテキンガレート、ガロカテキンガレート4種類の合計8種類になります。緑茶においては、これらカテキン類の中でエピガロカテキンガレートの含有量が最も多く、全体の50〜60%を占めています。



これらのカテキン類は、ガレート基の付いているカテキン類であるガレート型カテキン類とガレート基の付いていないカテキン類である遊離型カテキン類とに分類することができます。



ガレート型カテキン類はエピガロカテキンガレート(EGCg)、エピカテキンガレート(ECg)、カテキンガレート(Cg)、ガロカテキンガレート(GCg)が該当し、遊離型カテキン類はエピガロカテキン(EGC)、エピカテキン(EC)、カテキン(C)、ガロカテキン(GC)が該当します。



そして、これらガレート型カテキン類もまたダイエット効果があるとされています。食事で摂った脂質は、胆のうから分泌される胆汁によって乳化され、消化酵素のリパーゼが作用し体内に吸収されます。



ところが、食事と一緒にカテキンを摂ると、ガレート型カテキンが脂肪の消化酵素である「リパーゼ」の働きを阻害し、ヒトにおいて食事中の脂肪の吸収を抑制するだけでなく、その脂質を吸着して体外に排出することでダイエット効果をもたらすとされています。



つまり、深蒸し茶を食事とともに摂ることは、豊富に含まれるカテキンが、肝臓での脂質代謝を活発にし、結果として脂質の燃焼によるエネルギー消費の増加によるダイエットを期待できるとともに、



脂肪の消化酵素である「リパーゼ」の働きを阻害し、ヒトにおいて食事中の脂肪の吸収を抑制するだけでなく、その脂質を吸着して体外に排出するという、ダブルのダイエット効果を期待できると考えられています。



カテキンにはまた、血中コレステロールの吸着・排出も期待されていることで、ダイエットだけでなく、高脂血症、動脈硬化などの予防になり、血糖値、血圧の上昇抑制にもつながるなど、いわゆるメタボ対策としての効果が期待されています。



深蒸し茶には、カテキン以外にもカフェインやビタミンcなどのビタミン類、βカロテン(抗酸化作用)、ビタミンE(血行促進作用や免疫機能改善効果)、クロロフィル(腸内環境を整える働き)など様々な成分を含むことで大きな健康効果を期待されています。



健康といえば腸内環境を良好に保つのも大切なポイントです。深蒸し茶をはじめとする緑茶は、腸内のビフィズス菌や乳酸菌に代表される善玉菌の割合を高める作用が確認されています。これにより、便秘など、おなかの悩みや肌荒れなどの改善を期待できます。



そのほかにも、緑茶には、がん予防、虫歯予防、抗インフルエンザ作用、口臭予防(脱臭作用)、覚醒作用(疲労感や眠気の除去)、持久力増加、二日酔い防止、利尿作用、神経細胞保護作用、リラックス作用(α波出現)、皮膚や粘膜の健康維持(コラーゲン形成)、皮膚や粘膜の健康維持、神経管閉鎖障害の発症予防、夜間の視力維持、抗酸化作用、血圧低下作用、生体調節作用、消臭作用 などが期待されています。



ダイエット効果を得るためには、急須で入れたお茶600ml相当を毎日飲むことが最低条件のようです。深蒸し茶の場合、この数倍飲んでも問題はないようです。ただし、飲むことを止めると効果もなくなるようです。

深蒸し茶 最新一覧 By 楽天



ルテオリン


減肥茶 / 桑の葉茶 / 深蒸し茶 / サラシア茶とダイエット
| 緑茶

スポンサードリンク

[あとで読む]












ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】


【自宅でエステ】遠赤外線ヒートマット三つ折り【リニューアル】


1日たった30分おりもの改善マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。